メーカーのエンジニアになるには - 製造業の職種と仕事内容

製造業の職種と仕事内容 > メーカーのエンジニアになるには

メーカーのエンジニアになるには

最近注目されている製造業のエンジニア。
人気の職種としてランクインしてきております。
そんな人気のエンジニアになるためには資格はいるのでしょうか。
エンジニアの資格について調べてみました。

機械系のエンジニアでは機械設計技術者の資格やCAD利用技術者などがあります。
いずれも機械の設計などより詳しい知識が身に付きますので取得しておくと有利になる資格といえるのではないでしょうか。
また資格も民間資格から国家資格まで様々な資格があることが分かりました。
難易度もそれぞれで合格率が数パーセントの難関資格や割と合格率が高い資格まで様々です。
良く知られているものとしてはITパスポート試験があります。
こちらの資格は経済産業大臣が行う国家試験ですが難易度もそれほど高くないため学生などが受けることが多い資格です。
また商業高校などでは必須科目として受験する事でもよく知られている試験です。
またシステム監査技術者試験は最難関ともいわれる国家試験。
こちらはあらゆる方向から分析するなど高い能力や経験が必要とされる資格です。
合格率も10数パーセントと難関試験となっております。

このようにエンジニアの資格は様々ありますので、入社前に取っておくと良い資格や実際に仕事経験を積み所得する資格などがあるようです。
実際には就職にあたり必ず資格が必要といったわけではないようです。
もちろんあるに越したことはないですが、実際には入社後に必要なスキルを身に着けていくために資格を取得するケースも多いようです。
また入社後にエンジニアに任命されることも多く最初から必ずしもエンジニアで就職するとは限らないようですね。